[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[299] Re: HTML出力について



 浅海です。

HARUNAGA Hirotoshi / 春永浩敏 <harunaga@t3.rim.or.jp> writes:
> 0.6.9b (20001123)をざっと使ってみましたが、いくつか疑問点があったので、
> FAQなのかもしれませんが、書かせてもらいます。
> なお、FreeBSD 4.1-RELEASEのjdk-1.2.2b10で使っているので、環境依存の話か
> もしれませんが。

 コメントありがとうございます。

> HTML出力のDTDがHTML 4.0になっているがHTML 4.01になってほしい。

 確かに最新はHTML 4.01ですが、これはどちらがいいんでしょう。
 準拠しているバージョンの中でできるだけ古いものを使うのが安全という考
え方もあるかも。

> <META http-equiv="Content-Type"
> content="text/html;charset=iso-2022-jp">などが、<title>の下に出力される
> が、<title>に日本語が入るときのために、<title>の上に出力されてほしい。

 なるほど、確かにそうですね。
 対応いたします。

> sdoc文書で<cite>を指定すると、エラーになって出力できない。とりあえず
> <native>でできるわけですが、どのHTMLのタグが使えないのかがドキュメントを
> ざっと見ましたが、よくわかりませんでした。

 すみません。ドキュメントの不備の問題ですね。
 なんとかリファレンスマニュアルは書かないといけないと思っています。

> <br />や<hr />が<br></br>や<hr></hr>に変換されますが、HTML 4.0(1)として
> は正しくないように思えます。

 SmartDoc自体はbrとhrはサポートしていないのと、自分が知らないタグが来
たらそのまま出力するようになっているので、このような動きになります。
 これもマニュアルの不備ですね。

> <native format="html" src="hoge.html" />で<div>...</div>を取り込むと、そ
> れが<p></p>で囲まれてしまい、文法上おかしくなる。
> また、sdoc文書で<div>を指定すると、その中身が<p>で囲まれ、意図と少し違っ
> てしまう。

 pエレメントの自動挿入処理(naturalノーマライザ)の問題ですね。
 プログラム的には難しそうですが、対応を検討します。

 なお、naturalノーマライザを指定しないと、このようなpエレメントの自動
挿入は起きなくなります。

例:

<section title="foo" normalizer="none">
<p>あいうえお</p>
<native src="home.html"/>
</section>

> sdoc文書で<div lang="en">などとしてもHTML出力ではlang属性は無視されてし
> まう。これは出力されてほしい。

 lang属性の代わりにxml:lang属性を使うとOKです。

例:
<div xml:lang="en">

> JavaScriptが書き込まれるが、その中身全体を<!-- -->で囲ってほしい。

 やはり、要るでしょうか。これをやった方が安全と思いつつ、HTML4.0を表
示できるブラウザなら要らないかなぁ、と思ってこの手法を使っていないんで
す。
 実害があるようなら検討します。

> 目次のリンク用にid属性が使われるが、対応していないブラウザのためにname属
> 性も同時に出力してほしい(優先順位は低いです)。

 実用的な観点では、そうなんですよね。
 JavaScriptの件と同様、趣味というか美学というか、そういう観点で仕様を
決めた所です。
 LinuxやFreeBSDなどのことを考えると、このぐらいは妥協しておいた方がよ
いかなぁ、とも思います。希望が多ければ対応するかもしれません。

-- 
あさみ@よこはま (http://www.netpassport.or.jp/~wtasami/)