[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[181] On behalf of Mr. Onishi



白川@河内です.

昨日出しました記事がエラーになりました.
理由は,登録されていないメールアドレスから投稿したためでした.
sdocusersjが踏み台にされて変なメールが投稿されないためにも結構なことです.
さて,ここから昨日送ったメールです.
-----------------------------------------------------------------------

meadow1.10の不具合の情報ありがとうございます.

さて,smartdocにはplain textに落とすというモードがあります.これに落ちた
物をそのままメールに流せたらという浅海さんの発想で早速私のところの4年生
の大西君につくってもらいました.まだ暫定版らしいですが,うごいているよう
です.

以下に見本をだします.来週中には完成し,SmartDocの生成した画面からその画
面のplain textを直接メールで出せるようにします.

なお,大西君は北陸先端科学技術大学院に入るので,2年間はサポートしてくれ
るそうです.彼はMLには入っていないのでしばらくは私がかわりにメールを出し
ます.

Viva SmartDoc (Long live SmartDoc!)

-----------------------------------------------------------------------
大西君が私に送ってくれたメールのサンプルです.
---------------------------------------------------------------

                         SmartDoc Quick Start
                         ====================

1  Hello World
--------------


1.1  
-----
  
もっとも単純なSmartDocドキュメントは以下のようになります。
  
The simplest SmartDoc document is as shown below.

    リスト1 null
----------------------------------------------------------------------
Can not access : HelloWorld.sdoc
----------------------------------------------------------------------

  ただしこれは英語の場合。日本語の場合にはもう少しお呪いが必要になります。

    リスト2 null
----------------------------------------------------------------------
Can not access : HelloWorld_ja.sdoc
----------------------------------------------------------------------

  日本語ために必要な設定は以下の2つです。

    - エンコーディングの指定
    - 言語の指定

  エンコーディングはSmartDocのテキストが使用しているコード系を指定しま
す。この例ではWindowsで使われているシフトJISを指定していますが、UNIXの場
合には日本語EUCを指定することになるでしょう。

    表1 null
+---------+----------------+----------+
|コード系 |プラットフォーム|   指定   |
|=====================================|
|シフトJIS|Windows 95/98/NT|Shift_JIS |
|---------+----------------+----------|
|日本語EUC|UNIX            |EUC-JP    |
|---------+----------------+----------|
|JIS      |電子メール      |ISO2022-JP|
+---------+----------------+----------+

  言語の指定にはタグの属性xml:langを使用します。jaは日本語を表しています。
タグに指定した属性は、指定されたタグの中に配置されているタグに引き継が
れます。この例ではルートのタグであるdocに指定しているので、文書全体で有
効になっています。
  SmartDocのドキュメントを作成するうえにおいて以上の設定の理由について
は深く考える必要はありません。単に決まり文句として覚えておけばよいでしょ
う。



    表4 表のサンプル
+----------------------------------------+--------------------+-------------------+
|      カラム(align=left,class=key)      |カラム(align=center)|カラム(align=right)|
|=================================================================================|
|データ                                  |       データ       |             データ|
|----------------------------------------+--------------------+-------------------|
|          データ(align=center)          | データ(align=right)|データ(align=left) |
|----------------------------------------+--------------------+-------------------|
|データ(rowspan=2)                       |       データ       |             データ|
|                                        +--------------------+-------------------|
|                                        |           データ(colspan=2)            |
|----------------------------------------+--------------------+-------------------|
|          データ(rowspan=2,colspan=2,align=center)           |             データ|
|                                                             +-------------------|
|                                                             |             データ|
|----------------------------------------+--------------------+-------------------|
|                                                    データ(colspan=3,align=right)|
+----------------------------------------+--------------------+-------------------+

    table5 Sample Table
+--------------------------------------+--------------------+-------------------+
|     Column(align=left,class=key)     |Column(align=center)|Column(align=right)|
|===============================================================================|
|Data                                  |        Data        |               Data|
|--------------------------------------+--------------------+-------------------|
|          Data(align=center)          |   Data(align=right)|Data(align=left)   |
|--------------------------------------+--------------------+-------------------|
|Data(rowspan=2)                       |        Data        |               Data|
|                                      +--------------------+-------------------|
|                                      |            Data(colspan=2)             |
|--------------------------------------+--------------------+-------------------|
|          Data(rowspan=2,colspan=2,align=center)           |               Data|
|                                                           +-------------------|
|                                                           |               Data|
|--------------------------------------+--------------------+-------------------|
|                                                    Data(colspan=3,align=right)|
+--------------------------------------+--------------------+-------------------+

  
もちろんXMLで書いた表をHTMLで表示できるだけなら、たいしたことではない
のですが、SmartDocの特筆すべき特徴は、このような複雑な表をそのまま
LaTeX2eの表として再現できること。

----------------------------------------------------------------------

    表6 木構造の表
+------+------+------+
|大分類|中分類|小分類|
|====================|
|動物  |哺乳類|犬    |
|      +      +------|
|      |      |猫    |
|      +      +------|
|      |      |馬    |
|      +------+------|
|      |爬虫類|蛇    |
|      +      +------|
|      |      |蛙    |
|      +------+------|
|      |昆虫  |蜻蛉  |
|      +      +------|
|      |      |蝶    |
|      +      +------|
|      |      |蜂    |
|      +      +------|
|      |      |蟋蟀  |
|------+------+------|
|植物  |針葉樹|杉    |
+------+------+------+

    table7 Tree Chart
+----------------+---------------+-----------------+
|General category|Middle category|Detailed category|
|==================================================|
|Animal          |Mammal         |Dog              |
|                +               +-----------------|
|                |               |Cat              |
|                +               +-----------------|
|                |               |Horse            |
|                +---------------+-----------------|
|                |Reptile        |Snake            |
|                +               +-----------------|
|                |               |Frog             |
|                +---------------+-----------------|
|                |Insect         |May-fly          |
|                +               +-----------------|
|                |               |Butterfly        |
|                +               +-----------------|
|                |               |Bee              |
|                +               +-----------------|
|                |               |Mantis           |
|----------------+---------------+-----------------|
|Plant           |Coniferous tree|Cedar            |
+----------------+---------------+-----------------+