[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[128] Re: カスタマイズ法



どうもです。

In message <200009231220.VAA48438@ml.asahi-net.or.jp>
  ASAMI Tomoharu <dp8t-asm@asahi-net.or.jp> wrote:

>  まずジェネレータの生成方法ですが、以下の選択肢があります。
> 
> (a) ジェネレータを生成(jp.gr.java_conf.jaba2.SmartDoc.SmartDocGenerator)
>   (a-1) HTML3.2ジェネレータを改造
>   (a-2) HTML4.0ジェネレータを改造
>   (a-3) 新規にジェネレータを作成
> (b) PureSmartDocからNetscape HTMLを生成するXSLTを作成
> 
>  オプションをたくさん用意する場合は(a)、決め打ちでよい場合は(b)を選択
> するのが良さそうです。
>  Netscape専用のHTMLを生成という目的であれば(b)がコストパフォーマンス
> が良いと思われます。

私としては、ここはコストパフォーマンス重視の(b)ですねー。

ということで、早速、やってみようと思ったのですが、
figureの属性の情報がpureには渡らないようです。

こんなのを作って、

<?xml version='1.0' encoding="Shift_JIS" ?>
<doc xml:lang="ja">
<head>
</head>
<body>
<section title="section title">
<figure src="figuresrc" title="figure title"/>
</section>
</body>
</doc>

pureで生成すると、

<?xml version='1.0' encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE doc SYSTEM "PureSmartDoc.dtd">
<doc xml:lang="ja">
<head>
</head>
<body>
<section>
<title>section title</title>
<figure></figure></section>
</body>
</doc>

こんなのが生成されます。

figureのsrcやtitleの情報がなくなってしまうようです。

こういうものなのでしょうか?
-------
青柳龍也 津田塾大学 情報数理科学科
aoyagi@tsuda.ac.jp