[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[127] Bibliographyは bib2htmlを使ってます



白川@河内です.

おっしゃるように,Bibliographyはbib2htmlを使ってます.

しかし,1000件もの文献からの検索はbiblook, bibindexをつかっております.
これは文献の論文名,著者,noteなどからワードをハシュして,これをインデクス
ファイルにして,このファイルに対して検索して,BiBファイルを抽出するという
ことをやっております.数十万の文献ならGlimpseを使った方がいいかもしれません.
このソフトはhttp://webglimpse.org/にありますが,
Harvestという幻の検索ソフトで実現されたものです.現在はその流れが,
Yahooなどにつながっております.(これは蛇足です)

biblook, bibindexは Jeff Erickson氏、Bill Jones氏によって作られたものです.

biblook, bibindexの最新バージョンは,

http://compgeom.cs.uiuc.edu/~jeffe/biblook.html

において保存されています.これは,大変なソフトでそのまま使います.

bib2htmlはイリノイ大学の学生だったDavid Hull氏によって作られました.はじめは,

http://pertsserver.cs.uiuc.edu/~hull/bib2html/

にあったのですが,いまは無くなってます.参考のために,Hullさんは私と専門
が同じです.

Linux用なら
bib2html-1.33-1 RPM for i386
http://www-stat.sci.uni-klu.ac.at/RPMS/uni-klu-suse_5.x/bib2html-1.33-1.i386.html
が便利です.

http://www.cs.tamu.edu/webtools/converters/bib2html-1.31.tar.gz

などにあります.これは,浅海さんがいわれるように,bib2XML2SmartDocにします.
4年生の演習問題に最適かもしれません.もとはPerlで書かれております.

さて,Real-Time-Systems Bibliographyはアメリカではちゃんと英語で表示されていると
いう報告がありました.これは,私の力でなく,SmartDocの機能がすぐれている証明です.

一番聞きにくい在米中の娘に聞いたら,1週間後に返事がありました.